CAN-GO!

トップ  >  インタビュー  >  人生を肯定的にとらえ、生きる喜びを感じられるお手伝いをすることが最大の役割

キャリアインタビュー  2014.01.12掲載

人生を肯定的にとらえ、生きる喜びを感じられるお手伝いをすることが最大の役割

藤野 泰平さん/笑顔のおうち訪問看護ステーション

Q.何故、訪問看護を選んだのですか?

元々聖路加国際病院の救急部にいました。そこで、50代の脳梗塞の方で後遺症が残った方と出会いました。病院は沢山の医療者がいます。ただ家に帰ると、家族が支えることになります。不安もあり、病気のせいで、人生を肯定的に捉えられないかもしれない。彼らを誰が支えるのか。支える看護師を始めスタッフが足りない現実、これは社会の課題であると感じ、看護師として人生を再構築する人を支えたい!そして豊かに暮らせる街作りをしたい!と思い選びました。

Q.訪問看護のやりがいは何ですか?

家にはたくさんの思い出があり、孤独を取り払ってくれます。病気の不安が少なくなれば、その人らしさ、家庭や地域での役割が見えてきます。病気になって絶望する人もいます。不安でたまらない人もいます。まだやりたいことがある人がいます。病気になったら終わりではありません。

そういった人を医療面から支え、人生を再構築し、人生を肯定的にとらえ、生きる喜びを感じられるお手伝いをすることが最大の役割であり、やりがいだと思っています。

Q.今後のキャリアや夢は何ですか?

訪問診療や、訪問歯科、ボランティアといった多職種と一緒に仕事をしています。IPADや電子カルテも導入し、チーム医療の形を模索しています。

今後、高齢化が進むことで、もっと役割移譲がされると思います。在宅には、生活も、終末期も、治療も、予防も、人生の全てがあります。

最高の医療と笑顔を届ける、すべての人が豊かに暮らせる街を創るために、看護師として、コミュニティーデザインに関わりたいと思っています。

PROFILE

  • ■勤務先:
    笑顔のおうち訪問看護ステーション

その他のインタビュー

キャリアインタビュー

思いがけないことが起こるのが在宅ケアです。だからこそ面白い!

竹森 志穂(地域看護専門看護師)さん/某訪問看護ステーション

キャリアインタビュー

病気や障害をおっても、その人が望む生活を支える地域支援体制と円滑な多職種との連携体制を構築する一…

齋藤 雅子さん/恵光訪問看護ステーション(医療法人社団 川満恵光会)

挑戦者インタビュー

倒れてから対応するのではなく、 倒れる前に対応出来きる訪問看護師の道を極めたい

柴山 宜也さん/訪問看護ステーション リカバリー(Recovery International 株式会社)

挑戦者インタビュー

本当の看護師の役割がある場所だと知ることができた

吉岡 正善さん/梅ヶ丘訪問看護ステーション(株式会社うめケア)

キャリアインタビュー

本来看護の役割はその人らしさを大切にしながらその方の“生活を支える”ことにある

大竹 都さん/のぞみの花クリニック(在宅支援診療所 のぞみの花クリニック)

キャリアインタビュー

病院ではなかなか難しい、患者さんとの「より距離の近い看護」が 訪問看護で実現できる

斉藤 初美さん/ナースケア湘南訪問看護ステーション(有限会社 ナースケアー)