CAN-GO!

トップ  >  インタビュー  >  病院ではなかなか難しい、患者さんとの「より距離の近い看護」が 訪問看護で実現できる

キャリアインタビュー  2014.01.02掲載

病院ではなかなか難しい、患者さんとの「より距離の近い看護」が 訪問看護で実現できる

斉藤 初美さん/ナースケア湘南訪問看護ステーション(有限会社 ナースケアー)

Q.何故、訪問看護を選んだのですか?

病院ではなかなか難しい、患者さんとの「より距離の近い看護」が訪問看護で実現できると確信したことからと、小学生の子どもがいたため、病院のようにフルタイムでの雇用が物理的に不可能だったためです。

Q.訪問看護のやりがいは何ですか?

ご利用者さんと約1時間、密に関わることができるため、単に病気を持った患者さんということではなく、その方の育っていらした環境なども含めて全体的に看ることができることです。

Q.今後のキャリアや夢は何ですか?

管理業務の比重が年々増えてはいますが、あくまでも訪問看護を通じて、ご利用者さんや
ご家族との関わりを持ち続けていきたいです。もちろん、これからも、ご利用者さんに優しく寄り添える訪問ナースをもっともっと育てていきたいとおもっています。

PROFILE

  • ■勤務先:
    ナースケア湘南訪問看護ステーション(有限会社 ナースケアー)

その他のインタビュー

キャリアインタビュー

思いがけないことが起こるのが在宅ケアです。だからこそ面白い!

竹森 志穂(地域看護専門看護師)さん/某訪問看護ステーション

挑戦者インタビュー

倒れてから対応するのではなく、 倒れる前に対応出来きる訪問看護師の道を極めたい

柴山 宜也さん/訪問看護ステーション リカバリー(Recovery International 株式会社)

キャリアインタビュー

人生を肯定的にとらえ、生きる喜びを感じられるお手伝いをすることが最大の役割

藤野 泰平さん/笑顔のおうち訪問看護ステーション

キャリアインタビュー

本来看護の役割はその人らしさを大切にしながらその方の“生活を支える”ことにある

大竹 都さん/のぞみの花クリニック(在宅支援診療所 のぞみの花クリニック)

挑戦者インタビュー

どうしたら良い看護ができるかを思う存分悩めること

小瀨 文彰さん/ケアプロ訪問看護ステーション東京 本店(ケアプロ株式会社)

挑戦者インタビュー

一人の人間として「生きる」ことに真摯に向き合う場

長江 麻友子さん/訪問看護ステーション けやき(世田谷区社会福祉事業団)